交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

 

弁護士に依頼をするともなるとお金がかかりすぎてしまうという
不安を抱えている人は多いです。

トラブルに対応

しかし弁護士が中に入らないと問題も、解決しないかもしれない
ということがあります。

最近では交通事故を専門に扱っている弁護士も増えてきました。
交通事故に関するトラブルに慣れていると、迅速に対応をして
もらえるということがあるのです。

交通事故に遭った際には保険が適用されることが多いです。

保険会社の中には、弁護士費用を特約として付帯させることが出来る
保険を取り扱っているところもあります。

交通事故の弁護士費用を保険がカバー!弁護士費用特約の特徴とメリット

交通事故を起こしてしまったとき、あるいは巻き込まれたときに
自力で示談交渉をするのはとても大変です。

そこでプロに依頼したいと思っても、気軽に相談できる弁護士の知り合いがいない、
依頼料がいくらかかるのかわからない、といった不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

自動車保険の特約に、弁護士費用特約というものがあります。
保険契約時にこれを付帯させておくと、事故後の示談や慰謝料の交渉にかかる
弁護士費用を300万円まで保険会社が負担します。

さらに保険会社が提携している弁護士を紹介してくれるので、自力で探して依頼する必要はありません。
事故後、心身にダメージを受けていたり、事故の相手と直接交渉するのが煩わしいとき、
法律のプロに一任できるため非常に役に立つ特約です。

後遺障害の慰謝料も、個人で交渉するよりも多くの額を受け取ることができます。
このように弁護士費用特約はいざというときにメリットが多く、保険加入者に人気があり、
近年の調査では契約数のうち70.4%という高い付帯率となっています。

備えておくことが大事


交通事故はいくら気を付けていても、巻き込まれてしまうことがあります。
ですから絶対に交通事故には遭わないという保証はありません。

安心できる

もしもの時のことを考えて用心をしておくのは良いことでもあります。

どういうトラブルになるのかも分かりませんし、
負担割合でもめることもあります。

専門家の力というのはとても大きなものとなっているので、
安心をして依頼をすることが出来ます。

事故を起こして始めににしないといけないことを
こちらでまとめています。

是非一度ご覧ください。