交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

 

アクシデント

思わぬ交通事故に遭った場合には、専門の弁護士へ依頼をする事で
様々なメリットがあります。

交通事故被害者が弁護士に依頼するメリットとして、相手方との
やり取りを自分で行われずに全て任せる事が出来る点です。

自ら事後処理を行おうとすると、長い時間と労力が必要となります。
大半の方は、交通事故に遭うのが初めての場合が多いです。

自分だけでは知識が無く保険会社とのやり取りを
どのように進めたら良いか分からない場合が多いです。

漠然と保険会社の言う通りに任せて良いのか不安も出てきます。

専門の弁護士に依頼する事で保険会社とのやり取りを全て
弁護士に任せる事が出来るのです。

法律のプロが窓口となる為、安心して任せられるメリットがあります。

次に交通事故被害者となった場合、どの程度の賠償をして貰えるかが
焦点となってきます。

被害者自身にて先方の保険会社と直接交渉すると保険会社の基準に
おいて賠償金等を算出してきます。

その金額が本当に妥当かどうか自分では、分からないという
場合が非常に多いです。

様々なケースにより増減|交通事故の過失割合の決め方

交通事故が起きると、加害者側に損害賠償義務が発生します。
法律的な根拠は民法第709条(不法行為による損害賠償)です。

基本的には被った損害をすべて賠償しなければなりませんが、
被害者側にも落ち度がある場合には、過失相殺をすることができます。

自賠責保険では「被害者に過失があってもそれが重過失と認められない限り
減額は行われない」としています。

例えば、被害者が赤信号なのに無視して渡った場合、歩行者70%、
自動車30%の過失が認められたという過去の判例が参考になるでしょう。

歩行者が赤信号で渡ってきたとしても、その損害について
30%は支払わなければならないという判例であり、自動車を運転する人は
さまざまな可能性について気をつけるべきという理論につながります。

信号機の有無・横断歩道の有無・夜間ライトをつけていたかどうか・
高齢者であるかどうかなど過失割合はさまざまな事情から総合的に考慮され、
最終的には裁判官の判断となります。

正当な判断を求めるなら

弁護士に依頼をする事で、保険会社ではなく裁判所の基準によって
賠償金の支払い等が判断されます。

被害者本人と相手方の保険会社との交渉で得られる賠償額よりも
増額出来る可能性が高くなるメリットがあります。

何より自分で交渉を進めるには、専門的な知識が必要で交渉に
掛かる時間も要します。

プロの弁護士に依頼すれば、正確な交渉と賠償金の決定が出来る
メリットがあります。

正確な交渉

もしもの時のことを考えて用心をしておくのは良いことでもあります。

どういうトラブルになるのかも分かりませんし負担割合で
もめることもあります。

専門家の力というのはとても大きなものとなっているので、
安心をして依頼をすることが出来ます。

事故を起こして始めににしないといけないことを
こちらでまとめています。

是非一度ご覧ください。