交通事故に備えて弁護士を準備する

生活保護受給者が交通事故の慰謝料を受け取る時

 

交通事故に遭った場合、損害賠償を請求することができます。

このうち、実際に受けた被害額を填補するものと、事故に
遭ったことで受けた精神的な損害を填補する慰謝料があります。

精神的損害

いずれも、相手に請求する場合には、
法律の条文の効果の発生を確実に
するための要件事実に基づいた主張を
行っていく必要があります。

これは、素人には難しいので、弁護士に
相談するのが無難です。
弁護士費用を賄えないという生活保護受給者でも、
利用するための公的な制度を活用することで、
相手に裁判を起こすことは可能です。

一定の収入以下の人が、法テラスを活用して
相談し、訴訟を起こそうと考えた場合、
実費の支払いを猶予してもらうことができます。

支払い猶予

また、場合によっては、実費の償還も
免除してもらえるケースもあります。

ただし、必ずしも償還が免除されるわけではなく、交通事故の
加害者から一定の金銭を得られた場合は、そこから支払う
必要が出てきます。

具体的な点は、弁護士に相談してみると良いでしょう。