交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

 

交通事故の被害者になってしまった場合、逆に加害者の立場に立たされた場合、
いずれであっても、大きな心配と不安を抱えることになります。

交通事故の処理については、保険会社との示談交渉に始まり、示談金、賠償金、後遺障害など専門知識、時には医学の知識が必要とされるので、個人での解決は難しいでしょう。

このような場合、ステキな交通事故に特化した弁護士の知識が頼りになります。
しかし、信頼を置けるはずの弁護士に不信感を持ったり、契約を打ち切りたいと思ったりすることがないとも限りません。

民法 651 条 1 項により、依頼者と弁護士間の委任契約はいつでも解除できます。
つまり、解任はいつでも可能です。
しかし、正当な理由がないと、着手金を返してもらうことは難しいですし、解任されるまでの報酬が請求されます。

ただし、職務怠慢が著しいと認められる場合は、着手金の返還は可能ですし、
場合によっては依頼者から慰謝料を請求できることもあります。損害賠償を請求できる期間内に交通事故の弁護士へ

 

着手金の返還や慰謝料の請求については、
その弁護士が所属する弁護士会に紛議調停の申立手続きをすることになります。